• ホーム
  • 検査キットを使ってクラミジアを発見

検査キットを使ってクラミジアを発見

2019年11月23日

クラミジアは初期の段階で治療を開始すれば薬を1回飲むだけで完治させることができますが、治療が遅れると重大な症状を発症したり不妊症になる恐れがあります。早く治療を開始するためには、早期に発見することが大切です。

病院や保健所を利用すれば、クラミジアなどの性病(STD)の検査を受けることができます。保健所や医療機関を利用して検査を受ける場合には予約をする必要がありますし、受付時間内に施設を訪問して問診・採血を受けなければなりません。

病院でSTDの検査を受けると、1回あたり5千円~1万円もの検査費用がかかってしまいます。STD検査のために仕事の休みを取りにくい場合や、性病にかかっていることを誰かほかの人に知られたくないという方もいます。最近は、抗生物質を海外から個人輸入して治療をするケースもあります。このような場合には、家に居ながらクラミジアの検査をする方法があります。

Amazonなどのネット通販サイトを利用してSTD検査キットを購入すれば、病院に行かなくても手軽にクラミジアの検査ができます。検査方法ですが、自分で採取した検体を郵送で送付して検査をしてもらいます。検査終了後、結果を自分で確認すれば完了です。

検査キットには検体を採取する際に使用する使い捨ての用具と専用の容器が含まれており、検査方法は説明書を見ながら組織を採取するだけです。採取した検体を専用の容器に入れて郵送で返送すれば、検査機関で検査が実施されます。Webサイトで検査結果を確認することができるようになっていて、名前などの個人が特定できるような情報を記入する必要はありません。検査キットを利用すれば、匿名で誰にも知られずにクラミジアに感染しているかどうかを知ることができます。

Amazonなどのネット通販で販売されている検査キットは、男性用と女性用に分かれています。同時にHIVや梅毒などの数種類の病気を調べてもらうことができるので、クラミジア以外の細菌やウイルスに感染している場合も発見することができます。手軽にSTDの感染をチェックしたい方は、ネット通販で検査キットを購入することをおすすめします。

ネット通販で購入する場合は、誰にも知られずに商品を購入することができます。注文した商品は内容物が分からないように梱包された上で家に届けてくれるので、誰か他の人に知られる心配はありません。日本ではSTD感染を調べるために検査キットを使用する人は少ないのですが、海外では多くの人が利用しています。