頭を抱える男性

日本ではクラミジア菌による『感染症』が増えていて、若年層では最も多い性感染症(STD)です。この病気は主に性行為によって伝染しますが、泌尿器・生殖器だけでなくて咽頭部の粘膜にも感染して炎症を起こす場合があります。女性の場合は病気を発症しても痛みなどの自覚症状が出にくいので発見が遅れるケースが多く、妊婦検診の際に3~5%という非常に高い確率で感染が確認されているほどです。女性が治療をせずに放置すると早産や流産を引き起こす恐れのある恐ろしい病気なので、この病気についての正しい情報を知っておくことが大切です。

クラミジアとは性感染症(STD)

『クラミジア』とはヒトの粘膜が病原菌に感染すると炎症が引き起こされる病気で、生殖器や泌尿器で発症をすることの多い性感染症(STD)のひとつです。日本国内では感染症法という法律により、淋病・性器ヘルペスウイルス・尖圭コンジローマ・クラミジアが5類感染症に指定されています。病院や診療所でこれらの病気が診断された場合には、保健所に届け出ることが義務付けられています。届け出が義務付けられていることから国内での感染者数についての統計的なデータが存在し、国立感染症研究所の公式サイトで情報が公開されているので確認をすることができます。

日本国内でクラミジアは感染者数が多いSTDで、18~20歳までの女性の2~3割が感染しているとみられます。病原菌は男女ともに生殖器・泌尿器に感染をして、主に性行為の際に分泌物と粘膜が接する際に伝染をします。生殖器以外にも咽頭部(のど)の粘膜に感染して、咽頭炎や扁桃炎を引き起こす場合もあります。喉に感染をする場合でも風邪やインフルエンザのように飛沫によって伝染をすることはなく、ディープキスや口腔性交によって感染をするケースがほとんどです。病原菌は泌尿器・生殖器・咽頭部などに感染をしますが、いずれの場合も性行為が原因でヒトからヒトに伝染をするケースが多いです。

泌尿器や生殖器などで炎症が引き起こされる原因は、クラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌が粘膜に感染をすることです。この病原菌は細胞壁にペプチドグリカンが含まれないので、ペニシリン系やセフェム系のβラクタム抗生物質は効果がありません。このため、マクロライド系やテトラサイクリン系の抗生物質で治療が行われます。治療薬は内服薬(飲み薬)または点滴で、初期であれば飲み薬を飲むだけで治療をすることができます。治療薬は抗生物質なので、一般向けのドラッグストアでは購入することができません。

クラミジア感染症は抗生物質を使用することで完治させる可能ですが、治療をせずに放置し続けて自然治癒をすることはありません。治療をしなくても症状が収まるかのように見える場合がありますが、体内に原因菌が残留し続けているので他の人にうつしてしまう恐れがあります。本人が気づかない間に他の人に伝染してしまうため、感染率が高くなる原因のひとつと考えられています。

クラミジアの症状と特徴

クラミジアの大きな特徴は、感染をして初期症状を発症しても強い痛みなどの『症状』が出にくいことです。泌尿器や生殖器に感染して炎症を引き起こしますが、初期の段階では発症しても痛みなどの自覚症状が出にくいという特徴があります。最初は尿道の粘膜に感染して炎症が起こり、排尿時に違和感を感じることがあります。それでも強い痛みを感じることはなく、排尿時にのみ軽い痛みが感じる程度です。このため初期の症状を発症しても見過ごされることが多く、発見が遅れてしまいます。

女性の場合は病原菌が生殖器に感染して膣炎や子宮頸管炎などを発症しますが、この場所は神経が少ないので痛みを感じることはありません。女性器に感染して炎症を発症すると卵管が癒着して不妊症になる恐れがありますが、自覚症状がない間に病気が進んでしまうケースが多いです。

初期症状が出にくいことに加えて、感染してから発症までの潜伏期間が長いという特徴もあります。生殖器に感染をした場合、尿道炎などの初期症状が出るまでに1~3週間の潜伏期間があります。この間は自覚症状がないので、検査をしない限りは感染していることに気づくことがありません。無症状の潜伏期間でも他の人にうつしてしまう恐れがあり、容易に伝染してしまいます。

病原菌が咽頭部の粘膜に感染をすると咽頭炎や扁桃炎を発症する場合がありますが、感染しても長い期間にわたり無症状の期間が続く場合があります。無症状の期間でも、ディープキスや口を使った性行為などで他の人にうつしてしまう恐れがあります。

クラミジアは感染してから初期の症状が出るまでに、数週間もの間に渡り無症状の潜伏期間が続きます。炎症を発症しても初期の頃は気づきにくいため、治療が遅れてしまうという特徴があります。喉の粘膜に感染して他の人にうつしてしまうケースもありますが、いずれの場合も本人が気づかぬ間に伝染します。

クラミジアは抗生物質を使用して適切に治療をすれば完治させることが可能ですが、終生免疫を獲得することはできません。そのため、治癒した後も再び感染して再発をする恐れがあります。初期の段階ですぐに治療をすれば飲み薬だけで治療ができますが、症状が進んでしまうと抗生剤の点滴をする必要があります。放置し続けても自然治癒をすることはないので、感染したらなるべく早く抗生剤で治療を開始することが必須です。

クラミジアを放置すると?

クラミジアは初期症状が軽いので、病気に気づきにくいという特徴があります。特に女性器は痛みを伝える神経が少ないため、80%の人は自覚症状がありません。自覚症状がない間にも病原菌の感染が進み、重症化してしまいます。男女ともにこの病原菌に感染して放置すると、生殖器に炎症が起こって不妊症になる恐れがあります。

男性の場合は初期症状(尿道炎)を放置すると、細菌が生殖器に感染して精巣上体炎を発症します。強い痛みや腫れなどの症状が出て、完治させたとしても不妊症の後遺症が残ってしまう恐れがあります。

女性の場合は尿道から生殖器まで病原菌の感染が拡大しますが、ほとんどの人は無症状です。病気に気づかずにそのまま放置し続けると生殖器で炎症が起こり、子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎などを発症して不妊症や流産・早産を引き起こします。この時点で治療を開始して治癒しても、卵管内に癒着が発生することで不妊症の後遺症が残ってしまいます。生殖器の炎症を放置すると病原体が腹膜に進んでしまい、骨盤腹膜炎や肝臓周囲炎を起こす場合があります。この段階まで症状が進むと、命の危険があります。

咽頭部(のど)の粘膜に病原菌が感染すると、扁桃炎や咽頭炎を起こしやすくなります。病院で診察を受けても原因が判明せずに、適切な治療が行われないケースが少なくありません。炎症の症状は1~2週間で収まる場合がありますが、免疫力が低下した際に頻繁に扁桃炎・咽頭炎を繰り返すようになります。根本的な治療をせずに放置すると、風邪をひいた時などに何度も扁桃炎を繰り返して高熱や喉の痛みに苦しむことになります。

クラミジアは初期症状が軽くて感染に気づきにくい性感染症(STD)のひとつですが、治療せずに放置し続けても自然治癒することがありません。感染に気づかずに治療をしないで放置すると男女ともに不妊症になる恐れがありますし、女性であれば流産・早産や腹膜炎を起こして命の危険があります。放置すると後遺症が残ったり重大な症状を引き起こしてしまう非常に恐ろしい病気なので、早期発見・早期治療が大切です。症状が出ていない潜伏期でも他の人にうつしてしまう場合もあり、自分が治療をしてもパートナーから再び感染をさせられて再発をケースもあります。